資料の紹介

 高品質の保守サービスを提供して、顧客満足度の向上、売上拡大を実現するためには、顧客とのやり取り全てをシームレスに連携させ、可視化することが有効だ。保守サービスに関連する全ての情報やプロセスを可視化し、効率化・収益化につなげる「サービスライフサイクル管理」がその鍵となる。

 しかし、サービスライフサイクル管理を実践しても、顧客に必要なサービスを適切なタイミングで提供できなければ、期待した効果はあがらない。そこで現在、サービスライフサイクル管理の取り組みで新たに注目されているのが、IoT(モノのインターネット)/M2M(Machine to Machine)との連携である。

 本資料では、IoT/M2Mと保守サービス管理システムを融合することで、プロアクティブな保守サービスを実現するソリューションの概要と、様々な業務への適用シナリオを紹介する。センサーデータに故障の予兆となる異常値を発見すると、自動的に保守エンジニアを手配したり、部品の消耗や稼働状況から適切な時期を判断して、部品を自動出荷したりできる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。