資料の紹介

 オンプレミスからクラウドへの移行によって、多数の企業がコスト削減の恩恵にあずかっている。さらにその大半がハイブリッドクラウドを利用しており、オンプレミスのアプリケーションとクラウドのアプリケーション間でデータを共有・連係するための「ハイブリッド通信」が頻繁に発生している状況にある。

 こうした環境で表面化しやすいのが、アプリケーションパフォーマンスの悪化である。悩ましいのは、オンプレミス環境で使っていたAPM(アプリケーション性能管理)ツールが有効に働かず、ダウンタイムの増加を招いてしまうことだ。パブリッククラウドをはじめとする外部プラットフォームでのアプリケーション運用は、IT部門の守備範囲外だからだ。

 本資料では、ブラックボックスになりがちなクラウドアプリケーションの動きを可視化し、パフォーマンス問題の根本的な解決につなげる方法や、APMツールの要件について、実際にハイブリッド環境を運用するユーザーを対象に実施したアンケートの結果を手掛かりに探っていく。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。