インフラ構築/運用

解説

インフラが複雑化してもOffice 365を「サクサク」に保つ秘訣とは?

2017/05/17

リバーベッドテクノロジー

資料の紹介

 Office 365は多くの企業にとって、仕事の管理や生産性向上に欠かせないツールだ。しかし、クラウドやモバイルコンピューティングの導入で企業のインフラは複雑化。Office 365のパフォーマンスやサービスレベルの維持も難しくなってきた。

 パフォーマンスを悪化させる主な要因として、エンドユーザーからサーバーまでの物理的な距離や迂回中継で生じる余分な距離、大容量ファイルの転送を遅らせる帯域幅制限などがある。これらの問題に素早く対処してエンドユーザーの業務に支障を来さないようにするには、まず、ネットワーク全体の可視化が必要になる。

 本資料では、Office 365のパフォーマンスを最大限に引き出すアプローチについて解説する。クラウドとエンドユーザー端末間のSaaS配信を最適な状態にし、エンドユーザーが快適に作業できるようにする。これにより、継続的にOffice 365のサービスレベルやパフォーマンスをコントロールできるようになるという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ