資料の紹介

 標的型攻撃やランサムウエアの脅威が拡大し続ける現在、セキュリティ対策は企業にとって経営課題そのものである。企業のセキュリティ意識は以前よりは格段に向上しているが、依然として死角になりやすいのが「社外」での対策だ。

 リモートアクセスは働き方改革の進展に欠かせないが、社外でインターネットに接続する手段については、いまだに個人向けのモバイルWi-Fiルーターやスマートフォンのテザリングを使っている企業が多い。そのため、外出先でのウイルス感染のリスクは日々高まっている。

 本資料では、社外のリスク対策として「セキュアなSIM」によるアプローチを提案。SIMを介してモバイル通信にセキュリティ機能を付加する法人向けのサービスとその活用シーンを紹介する。通信経路上のUTM(統合脅威管理)機器により、社外でのウイルス対策やURLフィルタリングを実現。クラウドVPNゲートウエイを利用して、出先から社内LANにアクセスすることも可能だ。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。