ビッグデータ/データ分析

解説

肥大化傾向にあるデータウエアハウスのコスト、最適化に向けたもう一つの選択肢

2017/04/26

日本ティーマックスソフト/レノボ・ジャパン

資料の紹介

 ビッグデータの活用は今や、企業のビジネス競争力を左右するカギになっている。しかし、サーバー統合などによってシステム環境の複雑化や肥大化が進むなか、データ分析によりシステムに大きな負荷がかかったり、リアルタイム処理/分析の要請に対応できなかったりと、課題を抱えている企業は少なくない。

 しかし、高いデータ処理性能を備えたデータウエアハウス(DWH)ソリューションは一般に高額であり、ライセンスや保守料金を含め、TCO(総所有コスト)が膨らみがちなため、導入のハードルは高い。DWHに特化したアプライアンス製品もあるが、複数のデータベースとストレージを拡張する際の自由度という点で課題がある。

 本資料では、上記の課題を解決するための選択肢として、大容量データの処理に特化したデータベースソフトとx86サーバーの組み合わせにより、コストを抑えながらDWHアプライアンス並みの性能を実現するというソリューションを提示する。CPUやメモリーなどの部品単位からサーバー単位まで、さまざまな粒度で拡張できるため、ビジネス規模に合わせやすいのも特徴だ。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ