資料の紹介

 近年、大手企業を中心にクラウドサービスの導入が急速に進んでいる。背景としては老朽化するサーバーを抱えたオンプレミスからの移行、システム管理者の負担軽減、拡張性の確保、迅速なBCP(事業継続計画)対応など、様々な要因が挙げられる。

 一方でセキュリティに対する懸念、システム移行に関するコスト、リソースの共有によるパフォーマンスの低下、自社内に残しておくべきインフラほか、初めてのクラウド利用には数多くの不安要素も存在する。これら不安を乗り越え、移行後に実りある効果を得るためには、自社の運用形態にあった柔軟なクラウドサービスを選定する必要がある。

 本資料では、専用線の引き込みやVPN接続、専有サーバー利用も可能なプライベートクラウドの特徴を中心に解説。「物理サーバー専有」「遠隔地バックアップ」「老朽化した資産のクラウド化」「移行ツールによるクラウド移行」の4つの導入事例を例示し、オンプレミス同様の専用環境を利用できるメリットについて考察する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。