インフラ構築/運用

事例

ベネッセグループ支える新ITサービスマネジメント基盤とその効果

2017/04/19

ServiceNow Japan

資料の紹介

 ベネッセグループの企業にITサービスを提供するベネッセインフォシェルは、ITIL準拠のSaaS型ITSM(ITサービスマネジメント)ツールを導入。担当者の役割分担を明確にし、手順を標準化することによって、業務の属人化・ブラックボックス化を排除し、一貫性のあるKPI測定による継続的な改善を実現するなどの効果をあげている。

 同社は以前からオンプレミス型のITSMツールを導入していたが、カバー範囲が限定的で個々の業務が別々に管理されていたため、プロセスやシステムの標準化が十分に進まず、属人的な業務が残っていた。その結果、スキルのある特定担当者に仕事が集中しやすくなり、オペレーションコストが増大し、業務ローテーション時の引き継ぎにも支障が出ていた。

 本資料では、ベネッセインフォシェルがこうした課題を解決するために導入したITSMソリューションについて、採用の経緯や決め手、導入効果などを紹介する。採用にあたっては、すべてのメンバーが参加するデモを実施。事業構造モデルのグランドデザインを策定したうえで導入を開始したという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ