資料の紹介

 現代の経済は中国市場を抜きには語れない。とりわけ日本では製造業やサービス業をはじめ、さまざまな業界で密接に中国と関わっており、両国間のビジネス効率化や情報共有を図るためにも適切なITインフラの整備が急務とされている。

 最適な解の1つが汎用的に利用可能なパブリッククラウドである。しかし、既存の大手クラウドサービスは“中国の外側”から生まれたものがほとんどのため、安定運用やセキュリティ、高可用性などの面で不安が残る。そこで頼りになるのが現地を知り尽くした“中国発”のクラウドサービスの存在だ。

 本資料では、中国最大のパブリッククラウドサービスと強固なインフラ基盤について解説する。2016年、アリババグループとソフトバンクの共同出資によって日本との合弁会社を設立し、日本リージョンを強化。日本国内のデータセンターによる運用を実現しつつ、中国はもとよりグローバル規模のアカウントを一括管理できる優位性を持つ。今後の中国ビジネスに弾みをつけたい企業にとって、有益な検討材料となっている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。