資料の紹介

 サーバー仮想化技術は、企業情報システムを運用するプラットフォームとして広く普及している。しかし一方で、期待したようなサーバー統合の効果が得られなかったり、物理環境と二重化して複雑さを増したインフラの運用管理に手を焼いていたりするケースが珍しくない。

 オープンソースソフトウエアとx86サーバーで運用するハイパーバイザー型のサーバー仮想化機能では、仮想化のためのオーバーヘッドを避けることができない。そのため、仮想化環境の運用で、リソースの利用にムダが発生したり、パフォーマンスが劣化したりしがちである。

 本資料では、ハードウエアとOSで一体化した仮想化機能を提供することで、こうした課題を解決できるプラットフォームを紹介する。仮想化オーバーヘッドをなくして、サーバーのリソースをムダなく利用し、サーバーの集約率を高められる。クラスタおよびクラウド管理機能との連携で、運用効率を改善し、高可用性の環境を構築することも可能だ。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。