資料の紹介

 ビジネスの現場では、多種多様かつ大容量のファイルを取引先などとの間で送受信する機会が増えている。そのようななか、作業負担や危険性などの問題点を認識しているにもかかわらず、「ファイルを分割して複数のメールで送信」「無料のファイル転送サービスを利用」といった行動を容認していないだろうか。

 メールは盗聴や誤送信の危険性を常にはらんでいる。無料のファイル転送サービスは「シャドーIT」の典型例であり、こうしたツールやサービスを使って重要なファイルを送ることは危険なだけでなく、取引先からの信用を失うことにもつながる。一方、USBメモリーなどによる受け渡しは、手間と時間がかかるうえに、紛失や盗難の危険がある。

 本資料では、こうした現場の悩みを解決する具体策の一つとして、SaaS(Software as a Service)型の法人向け大容量ファイル転送サービスを紹介する。自動暗号化、接続元制限、日時指定による自動削除、承認フロー、証跡管理といったセキュリティ機能を装備。特許技術により、通信や暗号化の処理はすべてメモリー上で実行し、クラウド上には元のファイルの痕跡を一切残さないのが特徴という。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。