コラボレーション

解説

Skype for Businessユーザーがハマる「3大落とし穴」攻略法

2017/03/29

ディメンションデータジャパン

資料の紹介

 「せっかく新しいツールを導入してワークスタイルを変革し、生産性を高めようとしたのに思ったようにいかない」。しばしば聞く話である。なかでも、マイクロソフトがOffice 365スイートで提供するコラボレーションツール「Skype for Business」は、手軽に導入できることもあって、こうした話題に上ることが少なくない。

 Skype for Businessの導入企業からよく聞く悩みのポイントは、おおよそ3つに集約される。一つめは「メールの量がほとんど減っていない」。二つめは「Web会議をしているときに画面がよくフリーズする」。三つめが、「社内のビデオ会議システムとつながらない」、である。

 本資料では、こうしたよくある悩みを解消するためのアドオンタイプのソリューションを紹介する。Skype for Businessと組み合わせることにより、少しの工夫でより使いやすいツールにすることができる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ