資料の紹介

 WANの世界では長年に亘って、MPLS(Multi Protocol Label Switching)のIP VPN(仮想プライベートネットワーク)が事実上の標準であった。しかしMPLS IP VPNは、クラウドの急増に伴い、コスト増加やパフォーマンス低下など深刻な課題を抱えている。

 そこで注目されているのが、MPLS IP VPNを迂回して、各拠点からクラウドへのトラフィックを直接確保することで、これらの課題を解決できる「SD(ソフトウエア定義)WAN」である。特に、サービス事業者が今後生き残るには、SD WANを積極的に導入し、IP MPLS VPNの拡張機能として位置付けていくことが不可欠になっている。

 本資料では、コスト増、パフォーマンス低下、新拠点向けのサービス開始の遅延など、MPLS IP VPNが抱える課題を、調査データや図を交えてわかりやすく説明。さらに、ニーズの変化や技術動向などSD WANを取り巻くトレンドを解説しながら、サービス事業者向けのSD WAN導入アプローチを提案する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。