インフラ構築/運用

技術資料

ネットワークの安定稼働と切っても切れない「ケーブル品質・配線問題」を理解する

2017/03/29

TFF フルーク社

資料の紹介

 オフィスに張り巡らされたLAN配線の性能は、コネクターとの接続やケーブルの引き回しなどの状態によっても変化する。そのため、作業者の技量や施工環境によっては、規格が定める性能を下回ってしまう。米ガートナーの調査報告書によると、システム停止の65%が配線に関連するものだという。

 そのため、配線を終えたら、確実な信号伝送を保証するための性能要件を満たしているかを、さまざまな規格に照らして試験する必要がある。将来の高速通信に耐えられるネットワークを構築するためには、「設計」「敷設」「試験」「検収」という一連の工程を、確実に短期間で完了することが、施工技術者だけでなく、工事発注者やネットワーク管理者にとっての重要課題になっている。

 本資料では、物理ネットワークの重要性と、配線規格を含めた最新の規格動向を豊富なデータや技術情報を交えて丁寧に解説する。さらに、高信頼のネットワークインフラを構築するために必要な配線時の基礎知識と注意事項、問題発生時の診断方法のほか、高信頼の認証試験や効率的な問題解決の助けとなるフィールドテスターについても詳細に解説する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ