資料の紹介

 ランサムウエアを利用するサイバー犯罪者が急激に増加している。標的となったほとんどの企業は、日常業務の大きな混乱を避けるために身代金を支払っている。サイバー犯罪はもうかるビジネスとして成り立っている。

 PowerShell、スクリプト、マクロ、リモートシェル攻撃やメモリーベースの攻撃を利用した高度な攻撃は、従来のアンチウイルスソフトでは阻止することが難しい。セキュリティに関する豊富な知識を持ち、メールの添付ファイルを決してクリックしないようなエンドユーザーであっても、ランサムウエアの被害にあう可能性がある。

 本資料では、「ランサムウエアとは何か」「どのように動作するのか」、そして「組織を守るために何をすべきか」について説明する。併せて、ランサムウエア攻撃を防ぐ次世代アンチウイルスソリューションが、状況に合わせて複数の対策を組み合わせて対応することと、攻撃を直ちに阻止した企業の事例を紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。