エンタープライズアプリケーション

解説

国際宇宙ステーションも採用した「基本性能重視」のオールフラッシュストレージ

2017/03/22

QNAP

資料の紹介

 「大容量データ時代」を迎えて、ストレージを取り巻く環境が大きく変わりつつある。現場では、ストレージの遅さがボトルネックになって仕事が進まなかったり、大容量データを取っておけなかったりする課題が顕在化している。しかし、高性能かつ大容量のストレージは一般に非常に高価であるため、導入は易しくない。

 IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、AI(人工知能)などの新しい用途では、従来のような事務処理用データではなく、膨大なバイナリデータの解析に対応可能なストレージが求められている。一部門内でローカルに大容量データの高速処理を追求したい場合には、速く・安く・簡単に使えて壊れない「基本性能」が重要になる。

 本資料では、こうしたIoT・ビッグデータ・AI時代の研究開発や映像メディア制作現場の要求に応えるオールフラッシュストレージを紹介する。WALT Disney、Boeing、FedEXで使われているほか、国際宇宙ステーション(ISS)のストレージにも採用されている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ