資料の紹介

 昨今の「ID・認証管理」へのニーズは、かつてなく多様だ。法制度対応や利便性向上、運用コスト低減、セキュリティ確保といった従来の要請に加え、グローバル化やシステム基盤の多様化が新たなリスク要因となっており、早期の対策が必要だからだ。

 こうした状況で有効なのが、ID・認証管理の「統合」である。統合には「ガバナンス的な統合」や「論理的な統合」など複数のレベルがあり、最終的には「物理的な統合」レベル以上が必要になる。物理的な統合では、実現すべき機能が広範囲に亘るため、機能的な特徴などによりシステムをいくつかに分け、段階的に実現するのが効率的だ。

 本資料では、ID・認証管理の実装に向けた課題や考慮すべき点を挙げた後、知っておきたい課題解決のアプローチを説明。併せて、これらの課題の解決に役立つソリューションとその導入事例を紹介する。物理的な統合を実現すれば、ユーザーの地域差やシステムの多様性があっても、一貫したポリシーで安全に運用できるようになる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。