資料の紹介

 Webをビジネスに利用している企業の多くは、アプリケーションやWebコンテンツの表示遅延に悩んでいる。ECサイトでページの表示に時間がかかれば顧客満足度が低下し、サイトからの離脱が増加する。社員がWeb経由で業務アプリケーションやデータにアクセスしている企業では、ページの表示速度が企業全体の生産性を左右する。

 実は、現在のハードとソフトを利用すれば、ほとんどのWebサイトの場合、Webサーバー上で1〜2秒で動的コンテンツを生成できる。ブロードバンド環境の普及により、ラストマイルのレスポンス遅延は10分の数秒まで短縮し、バックボーンの遅延も1秒以下になっている。にもかかわらず、ページの表示に耐えがたいほど時間がかかる場合がある。

 本資料では、Webサイトやアプリケーション、動的コンテンツの配信パフォーマンスが悪化する理由について多面的に解説する。さらに、企業がこのような低パフォーマンス問題を克服するための一つの策として、「ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション(DWA)」を挙げ、それがどのように機能するかを紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。