クラウド

解説

OEM販売も可能なSI事業者向けの「フルマネージド型」クラウドサービス

2017/02/22

アイネット

資料の紹介

 アプリケーション開発を手がけるシステムインテグレータ(SI事業者)にとって、ITインフラの円滑な運用は不可欠である。ユーザー企業からITインフラ運用も併せて求められるケースが少なくないうえ、アプリケーション開発/テスト用サーバーを機動的にセットアップできるITインフラは、本業での競争力確保にも欠かせない。

 SI事業者が自社のブランドでITインフラも提供できれば、ユーザーとの関係強化や収益の安定にもつながる。しかし、ITインフラの運用にはアプリケーション開発とは異なるノウハウや事業基盤が必要になる。特に最近ニーズが高まっている仮想化ITインフラでは、技術の高度化に伴い対応も難しくなっている。

 本資料では、SI事業者が仮想化ITインフラの運用を委託したり、OEM方式により自社ブランドでユーザー企業に販売したりできるフルマネージド型のクラウドサービスを紹介する。VMwareが提唱する「SDDC(Software Defined Datacenter)」アーキテクチャを採用しており、パブリッククラウドとしても、オンプレミスでも利用できる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ