資料の紹介

 仮想化技術の適用分野は今や、サーバーだけでなく、ネットワークやストレージにまで及んでいる。仮想化することにより、物理サーバーや物理ネットワークよりも、高い柔軟性や変更への迅速対応を実現できるからである。

 しかし、ソフトウエアで様々な機能を実現する仮想化技術では、性能上の問題が起こりがちである。石川県でデータセンター事業を手がける石川コンピュータ・センターは、仮想ネットワークを運用するなかで、仮想/物理ネットワークの変換処理が性能上のボトルネックになるという事態に直面した。

 本資料では、同社が新たにデータセンター向けのスイッチ製品を導入することで、物理ネットワークを強化し、ボトルネックを解消するまでの経緯を紹介する。製品選定にあたっては、標準技術を使っておりベンダーロックインを防げること、既存のファイアウォールとともに同じネットワークOSで統合的に管理できること、ネットワーク専業のベンダーであること、などを評価したという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。