資料の紹介

 労働力の確保、育児や介護との両立、高まるスピードや生産性向上ニーズ。どの企業も直面しているこれらの難題を解決するために、「働き方改革」の必要性がますます高まっている。しかし、目的を明確にしないまま、やみくもにプロジェクトを進めても成功はおぼつかない。

 働き方改革の実現方法は、業務効率化、コラボレーション、柔軟な働き方など何を目指すのかによって、いくつかのパターンに分かれる。だが、いずれのパターンでも不可欠なのが、組織内に「働く時間や場所」に関する選択肢と価値観を定着させることである。

 本資料では、働き方改革のプロジェクトに関わる人に向けて、改革の目的整理や実現のパターン、具体的な検討項目、プロジェクトの進め方を解説する。併せて、働き方改革による成果を評価するための定性/定量的な指標、各パターンで必要となるツールなども挙げている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。