解説

“初めの一歩”から成果を出すためのマーケティングオートメーション攻略法

2017/02/08 ジーニー

資料の概要

 これからのマーケティングでは、顧客一人ひとりの動きに合わせた働きかけにより段階的に関係性を深めていくアプローチが必須になる。これを効率よく実行するうえで要となるのが、顧客の行動データを活用して、適切なコミュニケーションを効率的に実行するマーケティングオートメーション(MA)ツールである。

 MAツールでは、潜在顧客へのアプローチや見込み顧客の育成/選別といった各段階で、それぞれの顧客の行動データから算出した「スコア」に合わせた対応を自動実行することで、業務負荷を抑えつつ売上拡大を図る。しかし、その導入にあたっては、関連部署との調整やデータ連係などの課題も多く、簡単には始められないのが現実だ。

 本資料では、上記の問題の解決策として、スモールスタート型で確実に成果を積み重ねて行くアプローチを、MAツールの具体的な機能や導入シナリオと共に紹介する。例えば、まず顧客向けメルマガの一部を対象とした小規模導入で成果を出せば、社内展開のハードルは大きく下がる。このようなスモールスタートを支援するため、無料トライアルの制度も用意した。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ