エンタープライズアプリケーション

解説

面倒な作業の代表格「経費精算」を、e-文書対応で生まれ変わらせる方法

2017/02/08

NTTデータビジネスシステムズ

資料の紹介

 ビジネス拡大を目指す企業で、常に課題となるのが間接業務の効率化だ。特に、社員の負担になりやすい経費精算の煩雑さをいかにして軽減するか、そして増え続ける紙文書をどうやって減らすか、で頭を悩ませる企業は多い。

 経費精算の問題点は、領収書と照合する作業負担を始め、申請者の入力ミスへの修正対応や金額の適正チェックに時間がかかることだ。一方の紙文書の扱いについては、文書が増えて保管費や輸送費の負担が増したり、監査の際、目当ての文書を探すのに時間がかかったり、といった問題がある。

 本資料では、これらの問題を共に解決して間接業務を軽量化するために押さえておくべき原則を解説したうえで、具体策としてe-文書法(電子帳簿保存法)に対応したワークフローシステムを紹介する。文末には、同システムを導入して予算執行や経営判断などのスピードアップを実現したというトヨタIT開発センターの取り組みも収録している。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ