情報セキュリティ

解説

大容量ファイルも機密ファイルも、いつものメールに添付で大丈夫なワケ

2017/01/25

NSDビジネスイノベーション

資料の紹介

 大容量ファイルを送る際には、メールに添付せず、ファイル転送サービスやクラウドサービスを利用する人は多い。相手側の容量制限のために受け取れないといったトラブルを避けるためだ。しかし、この種のサービスをユーザーが自由に使うのは、セキュリティ上問題がある。

 そこで最近、企業向けのサービスを導入する企業が増えている。企業向けのサービスでは、誰が、いつ、誰宛てに、どんなファイルを送ったかという「証跡」を管理できるからだ。しかし、ユーザーの立場からすると、ファイルを送るたびにいちいちサービスにログインしなければならず、操作が面倒になりがちだ。IT部門にとっても、ユーザーからの問い合わせ対応などの負担が増える懸念がある。

 本資料で紹介するのは、普段使っているメールソフトで大容量ファイルを添付して送信でき、さらに証跡管理もできるファイル転送システムである。送信者はメールにファイルを添付して送るだけ。受信者は、メールで届いたダウンロード用urlをクリックすれば目的のファイルをダウンロードできる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ