資料の紹介

 2016年、クラウドは企業情報システムを支えるメインストリームの技術となった。そして、クラウドが一般化し成熟するとともに、クラウドに対する認識も、より現実的なものになっている。

 今後も、多くの新興企業や小規模企業がクラウドを全面的に採用する動きは進むだろう。その一方で、大企業はクラウドへの移行がそれほど簡単ではないことを既に認識しており、オンプレミスからの数年にわたる緩やかな移行というアプローチを選択している。そしてシステム部門も、この移行に向けての準備を進めつつある。

 本資料では、2017年を方向付けるクラウドの10大トレンドを紹介する。クラウドへの移行を終えた組織のほとんどで、オンプレミスとクラウドの両方を利用するハイブリッド型システムが現実のものとなる。これにより、システム部門に求められるスキルセットやエンドユーザーとの関係、社内の業務プロセスなどが変化する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。