資料の紹介

 企業が扱うデータは増え続け、多様化も進んでいる。ビジネスにおけるデータ活用は、もはやデータサイエンティストのような一部の専門家だけに任せてはおけなくなってきた。セルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの登場も追い風になり、データ活用の“民主化”が起こりつつある。

 しかし、いくら分析ツールが進化しても、良質なデータを準備できなければ、ビジネスの役には立たない。「データ分析担当者は、80%以上の時間をデータの準備に費やしている」という調査結果もあり、データ分析の準備の生産性向上が新たな課題として浮かび上がってきた。

 本資料では、データの収集や結合、変換、整形、補完など、分析の事前準備を容易にする「データ・プレパレーション」プラットフォームを紹介する。データの全体像をビジネスユーザー向けに可視化するインタフェースや機械学習アルゴリズム、インメモリー分散処理エンジンを搭載し、さまざまなデータを短時間でユーザーに提供できるようにする。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。