インフラ構築/運用

事例

インシデント対応に忙殺されるIT部門の特効薬、西武グループもイオングループも導入

2016/12/21

クレオネットワークス

資料の紹介

 今日のビジネスにITは不可欠であり、無駄なく効果的にシステムを活用することが企業の発展につながる。だが、その旗振り役となるべきIT部門が、機器の故障やネットワークの不調など社内各所から寄せられるインシデントへの対応に追われて疲弊し、十分な役割を果たせていない企業は多い。

 日々のインシデントを効率よく処理する仕組みとして、ITサービス管理のベストプラクティスをまとめたフレームワーク「ITIL」が知られている。しかし、そのまま適用できるケースは少なく、自社の業務に合わせてある程度カスタマイズして使うのが一般的だ。

 本資料では、ITIL準拠のITサービス管理により運用負荷を軽減する「ITサービス管理システム」について、導入事例を交え紹介する。ベストプラクティスをテンプレート化し、プログラミングなしでカスタマイズできるようにした。西武グループとイオングループが導入し、IT部門のほか、人事部門、経理部門、運用委託先の業務プロセスを見える化、標準化することで効率化と品質向上を実現した。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ