ビッグデータ/データ分析

解説

200社以上の現場分析から抽出した、製造業IoTの“勝ちパターン”

2016/12/07

日立ソリューションズ東日本

資料の紹介

 目まぐるしい市場ニーズの変化や、グローバル化によるプレーヤーの増加によって市場競争が激化する中、多くの製造業が注目する「IoT(モノのインターネット)」。だが、仕組み先行で検討を進めると、費用対効果を説明できずに頓挫することになるケースが多い。

 IoT成功のカギを握るのは、適切な方法論に基づいた「データ分析」だ。例えば、「品質改善」など、具体的な成果を設定した上で、現場で直接操作可能な「製造条件」といったパラメーターを分析対象にする。そうすれば、現場の活動をカギとした分析モデルを構築でき、具体的な改善活動につなげやすくなる。

 本資料では、IoTに取り組むにあたって、最初に着手すべきデータ分析の方法論と仕組みを紹介する。200社以上の分析コンサルティング経験から“勝ちパターン”を抽出した。従来からある業務を統計やデータマイニングなどの手法で補完し、新たな気づきを得て高度化する。場合によっては、センサーを取り付けなくても、既存のログデータから「成果」につなげることも可能という。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ