クラウド

解説

Windowsの業務アプリをそのままサクッと動かせるクラウド基盤の要件は?

2016/11/09

日本オラクル

資料の紹介

 多くのベンダーが多種多様なクラウドサービスを提供している現在、自社に合ったサービスを探し出すのは、なかなか骨の折れる作業だ。こうした場面で、重要なチェックポイントの一つになるのが、オンプレミス環境との共通性である。

 クラウド環境でもオンプレミス環境と同じアーキテクチャ、同じ製品を使えれば、オンプレミスで培った技術をそのままクラウドで活用できる。オンプレミスで開発したアプリケーションをクラウドへ持っていくことも、クラウドで運用しているアプリケーションをオンプレミスに戻すことも容易だ。

 本資料では、こうしたニーズを満たせるクラウドサービスの具体例として、オンプレミスのWindowsアプリケーションとOracle Databaseをそのまま利用できるクラウドサービスを紹介する。この場合、IaaSに全てを載せずに、.NETアプリケーションはIaaS、データベースはPaaSと、組み合わせて使うことで、リソースの集約や運用工数の削減も図れる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ