資料の紹介

 企業内の業務システムには、有益なデータが数多く蓄えられている。これらのデータをビジネスに生かすために、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入する企業は、もはや珍しくない。しかし一方で、ツールを駆使してデータ分析基盤を構築したものの、活用できていないという声もよく聞く。

 BIツール導入プロジェクトが失敗する大きな要因の1つに、「何のためのデータ分析なのか」が曖昧になっていることがある。BIツールは、導入すればデータを分析できる“魔法のツール”ではない。明確な目的を持つことで初めて最適な仮説を導き出すことができる。

 本資料では、データ分析のそれぞれのプロセスにおける課題を指摘し、これらの課題を解決できるデータ基盤の作り方を解説する。最近ではデータウエアハウスのクラウドサービスも登場するなど、以前より導入コストをかけずにBIを利用できる環境が整ってきたが、これらを活用するためには、多少のコツが必要になる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。