インフラ構築/運用

解説

Windows 10 Enterpriseは「ソフトウェア アシュアランス(SA)」で買うべきか?

2016/03/23

日本マイクロソフト

資料の紹介

 マイクロソフトが2015年7月末に一般ユーザー向け提供を開始したWindows 10は、数々の新機能に加えて、Windows 7/8.1からWindows 10 Homeと同Proに無償アップグレードできることが大きな話題となった。企業向けのWindows 10 Enterpriseは無償にはならないが、コストだけでなく実際の導入メリットを理解したうえでアップグレードを検討する企業が増えてきている。

 本資料では、マイクロソフトの包括的ボリュームライセンスプログラム「ソフトウェア アシュアランス(SA)」でWindows 10 Enterpriseを導入した場合のメリットと特典について解説する。SAとは、テクノロジ・サービス・使用権をセットで提供することで、同社製品を効率的に導入・管理・利用できるようにすることを狙った販売形態である。

 メリットは大きく3つあるという。不適切なアプリの実行を元から制御することによるセキュリティ強化と管理の効率化、新機能のアップデートをユーザーやデバイスに合わせて選択できる柔軟性、場所やデバイスを問わず、社内と同様の業務処理環境を実現できる利便性である。

本資料の全文を無料でお読みいただけます。

資料ダウンロード

  • PDF
  • 1.64MB

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ