ビッグデータ/データ分析

解説

「大容量であること」だけじゃなかったビッグデータの難しさ

2016/03/16

インテル

資料の紹介

 今日の競争熾烈なビジネス環境の中で企業は、効率アップ、顧客との関係強化、成長スピードの向上に努めている。IDCの調査によると、こうした状況下で「アナリティクス主導型」の企業は同業他社よりも高業績を上げる可能性が2倍高いという。

 しかし、ユーザーニーズに合致したビッグデータ分析システムを構築し維持することは、IT部門にとって容易なことではない。ビッグデータを扱うには、ユーザーアクセス、増大するデータ処理にも対応できる拡張性、データ管理、仮想化など、あらゆる面で既存のデータセンターの水準を高めなければならないからだ。

 本資料では、日本を中心とするアジア太平洋地域における、ビッグデータ技術の採用トレンドや、採用に当たっての課題と考慮すべき事項について調査データを示しながら解説する。ビッグデータを活用して業績を上げるためには適切なインフラストラクチャが不可欠であり、そのためには最適なテクノロジーとパートナー企業の見極めが重要になる。

本資料の全文を無料でお読みいただけます。

資料ダウンロード

  • PDF
  • 867KB

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ