資料の紹介

 情報システム部門は今、2つの異なるタイプのシステムを開発・運用せざるを得ない状況にある。1つはオンプレミスを中心とした既存のシステムである「トラディショナルな」システム、もう1つはクラウドをベースにした「クラウドネイティブな」システムである。

 2つのタイプのシステムが併存している状況は、新たな課題を生み出す。まず、運用管理の負荷やコストの増大、スキルセットの不足がある。さらに、ビジネスの変化に対応するため、オンプレミスとクラウド、あるいはクラウド同士を連携させる際に、技術的な困難を伴うことが挙げられる。

 本資料では、トラディショナルなシステムを「ホステッドプライベートクラウド」という形でクラウド上に再現することで、上記の課題の解決を図る「次世代クラウド」を紹介する。クラウドネイティブなシステム向けには、OpenStackを採用したマルチテナント型のクラウド環境を用意。新旧のギャップを埋め、異なるワークロードを単一のクラウド基盤に統合、運用できるようにする。