資料の紹介

 カナダ最大の金融機関であるロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の自動車ローン部門は、自動車ディーラーやリース会社向けに、ローン資金調達や会計にかかわる処理を提供するWebシステムを構築。従来は申請から1~5日かかっていた処理を、申請した当日中に終えられるようにした。

 同システムは、自動車の購入やリース/レンタルでの使用といった取引にかかわる資金調達処理のトランザクションを、オンラインでリアルタイム処理。従来の紙や電話/FAXベースのやり取りを大幅に効率化した。さらに、個々の自動車販売にかかわる状況を、メーカー、ローン提供会社、ディーラーの3社のいずれの間でも、リアルタイムに確認できる“B2B2B”を実現した。

 本資料では、RBCが構築したシステムの機能と、同社がシステムを構築する際に使用したクラウドサービスについて紹介する。同サービスを使うことでRBCは、セキュリティやシームレスな連携といった技術上の課題に対応する必要がなかったという。