資料の紹介

 ワークスタイルの変革やセキュリティ対策の一環として、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)を導入する企業や自治体が増えている。米アマゾンの「Amazon WorkSpaces」は、VDIをクラウドで提供するDaaS(Desktop as a Service)であり、オンプレミスでVDIを運用するのに比べ、導入や管理の手間を削減できるメリットがある。

 Amazon WorkSpacesでは通信にPCoIPプロトコルを使用。ユーザーの端末にはデスクトップ画面の画素データだけを送信する。WindowsパソコンやiPad、Androidタブレットなど様々な端末に対応しているが、OSやストレージを持たない「ゼロクライアント」を利用すれば、もっとセキュアな仮想デスクトップ環境を構築できる。

 本資料では、ゼロクライアント製品をAmazon WorkSpacesに接続するために必要な情報を提供する。併せて、Amazon WorkSpacesの作成手順の一例も紹介する。