インフラ構築/運用

海外拠点との連携強化もにらみ24H/365D環境の構築が急務に

日本ペイントHDはリアルタイムバックアップ環境をいかに実現したか?

2017/04/28

日本オラクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界第4位のグローバルペイントメジャーがオラクルでITインフラ統合を推進

[画像のクリックで拡大表示]
日本ペイントホールディングス Webサイト

 日本ペイントホールディングスは2017年1月、SAPの会計アプリケーションを含むグループ各社のシステムで使う各種データベースと、Javaなどで開発された基幹系業務アプリケーションを「Oracle SuperCluster M7」の上に集約。そのデータベースバックアップ環境として「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、高いパフォーマンスと信頼性、運用性を備えた統合インフラの全面稼働をスタートした。プロジェクトを主導した同社キーマンと、その支援に当たったSCSKのスペシャリストらに、製品選定の理由と導入効果を聞いた。

 1881年の創業から136年の歴史を誇り、総合塗料メーカーとして自動車から船舶、一般家屋まで、さまざまな塗料製品の製造/販売を手掛ける日本ペイントホールディングス。同社グループは2014年、各事業領域における経営責任の明確化と地域や事業の成長モデルに応じたポートフォリオ経営を行うことを企図して持ち株会社制へと移行。それに伴い設立された日本ペイントホールディングスは、配下に日本ペイントのほか、自動車向け塗料事業を担う日本ペイント・オートモーティブコーティングス、産業機器向け塗料を扱う日本ペイント・インダストリアルコーティングス、船舶向け塗料を扱う日本ペイントマリン、家庭用向け塗料を扱うニッペホームプロダクツなど多くの塗料メーカーを擁する。

 また、海外への事業展開も精力的に進めており、中国をはじめとするアジア各国と欧州、米国の各所に多数の子会社および事業拠点を構える。さらに、2014年にシンガポールの大手塗料メーカーであるウットラムとの戦略提携を強化。同社との間で設立した合弁会社群を傘下に収め、現在は欧米のビッグスリー※1に次ぐ世界第4位、アジアNo.1の売上高※2を誇る日本ペイントホールディングスは、“グローバルペイントメジャー”を目指してさらに躍進すべく歩を進めている。

※1 米国PPGインダストリーズ、オランダのアクゾノーベル、米国シャーウィン・ウィリアムズの3社。

※2 2016年3月期 連結売上高:5,357億円。

グループ10数社の基幹データベースとアプリケーシ...

1 2 3 4 5 次ページへ
次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
閲覧する

注目コンテンツ