インフラ構築/運用

なぜ、成果につながらないのか?

膨らむコスト、上がらない生産性 モバイル端末導入が失敗する本当の理由

2017/04/28

デル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

導入しても使われないのには理由がある

 スマートデバイスの登場以降、ビジネス現場のモバイルデバイス活用シーンは急速に広がった。中でも、タブレットデバイスは、大画面ながら携帯性に優れる点や、PCでは難しいスピーディな起動、気軽なメール閲覧などが行える点が評価され、多くの企業で導入が進んでいる。

 ところが実際は、導入・活用を始めたものの、「やはりPCでなければ」と感じたことがある人は多いのではないだろうか。

 例えば、「資料のファイルを出先で編集しようとしても、タッチキーボードでは思うように作業できない」「バッテリーの減りが早いので、長時間の移動の場合は移動中の電源環境も考慮しておかなければ不安だ」といった声は多く聞かれる。また、閲覧可能なファイルがPCに比べて限定されるため、部下から送られてきた添付ファイルが開けず、オフィスに戻ってからデスクトップPCで確認したというのもよく耳にするエピソードだ。

 結果、現実には泣く泣くノートPCと2台持ちをしていたり、バッテリー切れの際の保険として紙の資料を持ち歩いている。これでは、業務負荷削減・生産性向上といったメリットは得られるわけもなく、導入コストもムダになってしまうだろう。

 こうした課題を解決する切り札として台頭したのが、ノートPCとタブレットの長所を兼ね備えた「2in1」型デバイスだ。最近は性能も向上し、活用範囲がさらに広がった製品も登場している。そこで今回は、タブレットのときと同じような失敗をしないため、プロの意見を基に正しい選定ポイントを考えよう。

Intel Inside®
飛躍的な生産性を

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

失敗しない2in1デバイスの選び方は?

1 2 3 4 次ページへ
次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
閲覧する

注目コンテンツ