DMM Bitcoinの仮想通貨取引システムを構築

〜シンプレクスの仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency」の第1号案件〜

 

 シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役:田口 仁、仮想通貨交換業者:関東財務局長 第00010号)の新たな仮想通貨取引システムとして、仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency(シンプレクス・クリプト・カレンシー)」が採用されたことをお知らせします。

 株式会社DMM Bitcoinは、「DMM Bitcoin」ブランドによる仮想通貨取引の新サービスサイトを2018年1月10日に公開し、2018年1月11日より口座開設申込の受付を開始しました(*1)。

■開発背景

 DMMグループの株式会社DMM Bitcoinでは、さらなる顧客満足度の向上とシェア拡大を目的として、サービス・システムを一新した仮想通貨取引サービスを開始することを決定しました。本案件では、シンプレクスが株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役:谷川龍二)に提供しているFXディーリングシステムや、競走用馬ファンド管理システムにおける開発・運用実績が評価され、シンプレクスの仮想通貨取引プラットフォーム「SimplexCryptoCurrency」が採用されました。

■特長

 本案件でシンプレクスは、(1)一般投資家向け取引ツール、(2)業務管理システム、(3)ディーリングシステムを提供しています。それぞれの主な特長は以下の通りです。

 (1)快適な仮想通貨取引を実現する一般投資家向け取引ツール

 一般投資家向け取引ツールとして、豊富な注文機能と高機能チャートを搭載し、カスタマイズ性にも優れたWebブラウザ版取引ツールと、チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注や各種アラートのポップアップ機能を搭載したiOS/Android対応のネイティブアプリを提供しています。

 (2)適切な業務運用を支援する業務管理システム

 口座管理や取引管理など、仮想通貨取引サービスに求められる適切な業務運営を支援する業務管理システムを提供しています。他社製ウォレット管理システムとの連携にも対応しています。

 (3)仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステム

 仮想通貨の特性や現状のボラティリティ等を考慮した収益化戦略の遂行により、仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステムを提供しています。

 *1 株式会社DMM Bitcoin及び「DMM Bitcoin」の新サービスについては下記のページをご参照ください。

 https://bitcoin.dmm.com

 ※以下は添付リリースを参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468087_01.pdf