NXP、自動運転車アプリケーションのオープンで、フレキシブルに素早い開発を実現するAutomated Drive Kitを発表

 

 ・キット付属センサ用ドライバ搭載、ロボット・オペレーティング・システム(ROS)ワークスペース

 ・NXPのBlueBox 2.0をベースとし、車載グレードの機能安全と堅牢なコンピューティング・プラットフォームを提供

 ・Automated Drive KitはAutonomouStuffのウェブサイトで注文可能

 世界最大の車載半導体サプライヤであるNXP Semiconductors N.V.(注1)は、自動運転車アプリケーションの開発とテストのためのソフトウェア・プラットフォームであるNXP Automated Drive Kitを発表しました。このキットは拡大するパートナー・エコシステムとともに、自動車メーカーとサプライヤに対しオープンでフレキシブルなプラットフォーム上での自動運転アルゴリズムとアプリケーションの迅速な開発、テスト、展開を可能にします。

 自動運転アプリケーションの採用には、さまざまなハードウェア/ソフトウェアの選択肢への容易なアクセスが必要です。NXPはハードウェア/ソフトウェア・パートナーに対し、フレキシブルな開発プラットフォームを多様なデベロッパーのニーズにさらに対応させるための扉を開きました。NXP Automated Drive Kitはレベル3の自動運転車開発のためのベースを提供するとともに、キットに搭載されたエコシステムの能力の進展に合わせてさらに自動運転レベルを向上します。

 Automated Drive Kitの初回リリースにはNXPのS32V234プロセッサをベースとするフロント・ビジョン・システムが含まれており、お客様が選択したアルゴリズムの搭載を可能にします。また、中国の大手ITソリューション/サービス・プロバイダで、NXPの戦略的先進運転支援システム(ADAS)/自動運転(AD)パートナーであるNeusoftが提供するフロント・カメラ・アプリケーション・ソフトウェアAPIと物体検出アルゴリズムも搭載しています。さらに、高性能レーダー・オプションやGPSポジショニング技術も備えています。お客様は多様なライダー(LiDAR)オプションから選択し、グラウンド・セグメンテーションやオブジェクト・トラッキングを提供するAutonomouStuffのLiDAR Object Processing(LOP)モジュラー・ソフトウェアを追加することができます。

■NXP、CES 2018に出展

 NXPとAutonomouStuffは1月9日から12日まで米国ネバダ州のラスベガス・コンベンションセンターで開催されているCES 2018のNXPブース(ブース番号:CP-25)で、Lexus RX 450hに搭載したAutomated Drive Kitを紹介します。

 ※以下は添付リリースを参照

 NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468004_01.pdf