ハードディスクを持ち出せないお客様へ、オンサイト・出張データ復旧サービス開始

〜データ復旧会社における世界のトップブランド・米オントラックの技術を現場へ〜

 

 株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、セキュリティポリシーなどでハードディスク(HDD)を外部へ持ち出せない法人のお客様を対象に「オンサイト・出張データ復旧サービス」を本日より開始します。セキュリティ上の理由に加え「システムを長時間止めたくない」「分解・発送が困難」などの場合にも最適です。作業は物理障害または論理障害の専門技術員が訪問し、復旧にあたります。復旧作業はデータ復旧会社における世界のトップブランド「米オントラック社(注1)」との技術提携によるもので、業界最高水準のものです。ホコリ対策として高い空気洗浄能力を持つ「卓上クリーンベンチ」(写真)を始め、復旧に必要な機材を現場へ搬入します。仮想化ハードディスクの復旧にも対応します。対象地域は日本全国。価格は初期診断費用が出張費を含めて税込み10万円から、復旧費用は見積もりベース。24時間365日受付のフリーダイヤルは0120-010-183まで。ご相談は無料です。

 

■サービスを止めないデータ復旧を実現

 「セキュリティ上、ハードディスクを外へ持ち出せない」「システムを長時間止めたくない」「機器を分解したり、発送したりするのが困難」などのお客様へは、従来、ネットワーク経由で復旧作業を行う「リモート復旧サービス(注2)」をご提案していましたが、「外部ネットワークへの接続もポリシー上できない」というお客様のために本サービスを開始するものです。

■物理障害または論理障害の専門技術員が訪問

 まず、電話やメールなどで詳細な状況をお聞きして、初期診断見積もりを提示します。ここまでは無料です。その後、物理障害または論理障害の専門技術員が現地へ訪問し、初期調査を行い、復旧手順の説明や時間的見通しをお伝えし、復旧見積書を提示します。作業継続の可否を判断していただいた後、復旧作業に着手します。

■業界最高水準の設備を現場へ搬入

 障害の状況に応じて必要な復旧機器を現場へ搬入します。例えば、復旧作業の障害となるホコリ対策として高い空気洗浄能力を持つ「卓上クリーンベンチ」、調査ツール(ソフト)が搭載された専用PC、クローン作成用のハードディスクおよびRAIDアレイ装置、詳細な作業に必要な顕微鏡、熱風ではんだを溶かすホットエアー装置などです。

■仮想化ハードディスクの復旧にも対応

 仮想化ハードディスクの復旧は「枠の無いジグソーパズルを組み立てるようなもの」とも言われており、ハードディスク内に複雑に書き込まれたデータの解析力が成否を分けます。当社では専門技能を有する技術者が作業をすることで「フォーマットしてしまった、誤って消去してしまった」という論理的障害であれば、上書きさえされていなければ、ほぼ100パーセントの復旧が可能です。

 ※以下は添付リリースを参照

 

◆ご相談窓口はこちらから

 お客様無料相談窓口:

 フリーダイヤル 0120-010-183(24時間365日受付)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0468000_01.pdf