プレスリリース

ノークリサーチ、2018年の中堅・中小企業におけるサーバー/ストレージに関連するトピック調査結果と今後の見解を発表

2018/01/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイントその3:サーバ/ストレージ編

 

 ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ URL: http://www.norkresearch.co.jp )は2018年の中堅・中小企業におけるIT活用の注目ポイントのうち、サーバ/ストレージにに関連するトピックをまとめた調査結果と今後の見解を発表した。

<2018年は「オンプレミスのサーバ/ストレージ環境おける柔軟性/拡張性」が進展する>

 ■クラウドの特徴である「拡張性」へのニーズはオンプレミスを選ぶユーザ企業にも存在する

 ■「HCI」の導入提案はSANとの比較ではなく、「SDx」に向けた流れの一環として訴求すべき

 ■現段階では「サーバベース型のSDS」と「ストレージ専用機器」にはそれぞれの役割がある

 ■「薄型/小型サーバ」や「サーバレス/マイクロサービス」などの多様なサーバ形態も要注目

◆クラウドの特徴である「拡張性」へのニーズはオンプレミスを選ぶユーザ企業にも存在する

 中堅・中小企業が今後のサーバ/ストレージ導入においてクラウド(IaaSやホスティング)とオンプレミスのどちらを選ぶのか?は2018年も引き続き重要なテーマの1つである。以下のグラフはオンプレミスおよびクラウドのサーバ環境を導入済みの企業に対して各々の選択理由を尋ねた結果の中で、回答件数の多い項目を抜粋したものだ。(本リリースの元となる調査レポートでは20〜30に渡る項目を年商別、業種別、地域別、IT管理/運用の体制などの様々な軸で集計した結果が含まれる)オンプレミスを選択した理由としては「データ保護の観点から、業務システムを社外に出せない」が最も多く挙げられており、データ内容がクラウド/オンプレミスの選択に大きな影響を与えていることが確認できる。さらに重要なのは「クラウドに移行したいが、何から始めたら良いのかわからない/どのサービスが良いか判断できない」といった項目の回答割合も高い点だ。

 一方で、クラウドを選択した理由を見ると「アクセス数の増減/処理性能の増減/データ量の増減に迅速/柔軟に対処できる」といった項目が多く挙げられている。これらの結果を踏まえると、オンプレミスを選択したユーザ企業においてもクラウドの特徴である拡張性に対するニーズが存在している可能性が高い。逆に言えば、オンプレミスにおいてもクラウドと同等の拡張性を実現できれば、サーバ/ストレージ導入の選択肢も広がってくる。こうした動きは「HCI」を始めとする「SDx」に向けた潮流として既に進みつつある。したがって、2018年のサーバ/ストレージ導入はクラウド移行が進むと同時にオンプレミスにおける拡張性を実現する事例が増えると予想される。次頁以降ではこうした流れの中で留意しておくべき幾つかのポイントを述べている。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0467964_01.pdf

注目コンテンツ