プレスリリース

NEC、さわやか信用金庫が営業支援システムにマイナンバー収集ソリューションを導入

2017/12/22 さわやか信用金庫、日本電気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さわやか信用金庫、NECのマイナンバー収集ソリューションを導入

〜信用金庫初、営業員の外訪端末に搭載されたカメラを利用して顧客のマイナンバー収集を行うシステムを構築〜

 

 さわやか信用金庫(本店:東京都港区、理事長:篠 啓友)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下 NEC)の集金業務や預かり業務を行う営業支援システムにマイナンバー収集ソリューションを導入しました。新システムは、2018年1月から順次稼働を開始する予定です。

 なお、営業員の外訪端末に搭載されたカメラを利用し、OCR機能やQRコード読取機能を用いて顧客のマイナンバー収集を行うシステムの構築は、信用金庫で初(注1)となります。

 マイナンバー法の改正により金融機関における口座番号とマイナンバーの紐付けが2018年1月から任意で始まることから、さわやか信用金庫ではマイナンバー収集の効率化と高度なセキュリティ対策の両立を目的として、全営業店舗を対象とした新たなマイナンバー収集ソリューションの導入を決定しました。

 本システムは、集金業務やセールス活動に利用する営業員の外訪端末に搭載されたカメラとマイナンバー撮影アプリを活用し、マイナンバー通知カードやマイナンバーカードの券面を撮影することで、顧客のマイナンバーなどをOCR機能により簡単かつ効率的に収集できます。また、外訪端末内には撮影データを保持しない為、万一の外訪端末の紛失・盗難の際も情報漏えいのリスクを回避できます。

■本ソリューションの導入による効果

1.顧客の本人情報の収集を効率化し、記入ミスや情報紛失のリスクを低減

 営業員の外訪端末に搭載されたカメラとマイナンバー撮影アプリを活用し、マイナンバー通知カードやマイナンバーカードの券面を撮影することで、顧客の本人情報(マイナンバー、運転免許証など)をアプリのOCR機能やQRコード読取機能で簡単かつ効率的に収集できます。また、顧客情報の照合機能により、外訪端末から顧客のマイナンバー収集状況を簡単に確認できます。

 これらにより、従来紙に記入していた本人情報を外訪端末上で収集・登録が可能となり、利便性の向上とともに、記入ミスや情報紛失などのリスクを軽減します。

2.外訪端末に情報を残さず、情報漏洩リスクを回避

 撮影した本人情報を即時に構内のマイナンバー管理サーバに送信し、外訪端末内には撮影データを保持しないため、営業員による万一の外訪端末の紛失・盗難の際も情報漏えいリスクを回避できます。

3.本人情報をセキュアに収集・保管

 外訪端末の通信にモバイル専用線を活用し、構内外問わず既存の外訪端末を活用してセキュアに本人情報を収集・保管できます。また、構内のマイナンバー管理サーバに保存された顧客情報を全て暗号化しているため、営業員による本人情報の収集・保存・運用の一連の工程において強固なセキュリティ対策を実現しています。

 さわやか信用金庫は、本システムの導入により、顧客のマイナンバー収集における応対時間を短縮することで、融資や資産運用などの提案時間を捻出し、顧客サービスの向上に取り組んでいきます。また、紙による運用の廃止により顧客情報が記載された用紙の紛失リスクの低減を実現します。

 NECは、社会ソリューション事業に注力しており、今後も様々なマイナンバー関連の製品・サービスを提供していくことで、マイナンバーを取り扱う金融機関の業務効率化やセキュリティ強化に貢献していきます。

以上

 (注1)2017年12月22日現在、さわやか信用金庫、NEC調べ。

 

◆本件に関するお客様からのお問い合わせ先

 ・さわやか信用金庫 システムセンター

 TEL:03-3444-9322

 ・NEC 第二金融ソリューション事業部

 TEL:03-5746-3910

注目コンテンツ