プレスリリース

マイクロアド、SSPサービス「MicroAd COMPASS」で強制リダイレクト広告の検知対応を開始

2017/12/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロアド、SSPサービス「MicroAd COMPASS」において、ユーザーを意図しないページに遷移させる、強制リダイレクト広告の検知対応を開始

 

 株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺 健太郎)は、提供するメディア収益化サービス「MicroAd COMPASS」において、メディア掲載面に広告が配信された瞬間に、強制的にユーザーが目的としないページに遷移させる強制リダイレクト広告への検知対策を開始いたしました。

 昨今、DSPやアドネットワークによる広告配信において、不特定多数パターンで第三者配信タグなどを経由しての強制リダイレクト広告が頻発しており、媒体社の複雑高度化した広告収益化における慢性的な課題となっております。

 マイクロアドはこれまでも「MicroAd COMPASS」において、媒体社がより細かい粒度で掲載可否体制を築くことのできる機能の拡充・メンテナンスを行っておりましたが、本リリースによって、掲載可否チェックをすり抜けて不正を行う広告においても対策を行うことが一部可能となり、より安全な広告収益化を実現いたします。本機能については、更なる網羅性を備えるべく引き続き体制を構築してまいります。

 今後も「MicroAd COMPASS」は、より多くの媒体社のニーズにお応えするサービスの提供に努めてまいります。

■関連リンク

 >MicroAd COMPASS

 https://www.microad.co.jp/services/adplatform/microad-compass/

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ