プレスリリース

ソフトバンク、徳島県と「とくしまインダストリー4.0の推進に向けた包括連携協定」を締結

2017/12/18 徳島県、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクグループ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「とくしまインダストリー4.0の推進に向けた包括連携協定」

の締結について

 

 この度、徳島県(知事:飯泉 嘉門)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区東新橋1−9−1、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)は、IoT、ビッグデータ、AI等の利活用により地方課題の解決を図るとともに、新たな産業・サービスの創出を目指す「とくしまインダストリー4.0」の実現に向け、次のとおり協定を締結します。

1.趣旨

 徳島県とソフトバンク株式会社は、様々な分野においてIoT、ビッグデータ、AI等を利活用することにより地域の活性化と経済好循環を創出する「とくしまモデル」の実装を目指し、様々な面で相互連携を強化してまいります。

2.締結日

 2017年12月18日

3.締結者

 徳島県知事 飯泉 嘉門

 ソフトバンク株式会社 代表取締役副社長 兼 COO 今井 康之

4.連携項目

 (1)産業の振興及び企業支援

 (2)危機管理及び公共施設強靭化の推進

 (3)医療及び高齢者・障がい者支援

 (4)環境保全及び自然エネルギー導入の推進

 (5)観光振興

 (6)次世代育成及び教育振興

 (7)働き方改革の推進

 (8)その他地域の活性化及び県民サービスの向上

以上

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

注目コンテンツ