プレスリリース

ロジテック子会社、SATA-USB変換アダプタ「LGB-A35SU3」と「LGB-A25SU3」を発売

2017/12/14 ロジテックINAソリューションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HDD/SSDをUSBでパソコンに接続、データのやり取りができる

SATA-USB変換アダプタ「LGB-A35SU3」、「LGB-A25SU3」新発売!

USBケーブルでパソコンへ接続するだけ。

ドライブ移行ソフトやディスク管理ツールが無料ダウンロード可能。

 

 ロジテックINAソリューションズ株式会社(本社:長野県伊那市、代表取締役社長:葉田順治)は、さまざまなハードドライブをパソコンと簡単に接続し、データのやり取りを行うことができるSATA-USB変換アダプタ「LGB-A35SU3」、「LGB-A25SU3」を12月中旬より発売いたします。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

■HDD/SSDをUSBストレージとして使用できるSATA-USB変換アダプタ

 「LGB-A35SU3」は、最大10TBの3.5インチのHDD、最大4TBの2.5インチのHDD、最大1TBのSATA端子搭載のSSDに対応しています。「LGB-A25SU3」は、最大4TBの2.5インチHDD、最大1TBのSATA端子搭載のSSDに対応しています。どちらも多くの種類のハードドライブをパソコンと接続して作業などを行えます。SATA3.0規格に対応していますので、HDDはもちろん、SSDにおいても、パフォーマンスを最大限に発揮します。

 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

<こんな用途にぴったりです>

 ・PCを新しくしたので、バックアップを取りたい

 ・故障したPCのハードディスクを取り出して、データが無事か確かめたい

 ・PCを起動したままクローンディスクを作成したい

 ・HDDの廃棄時にデータを完全に消去したい

■USBケーブルでパソコンへ接続するだけ

 両製品ともUSBケーブルでパソコンへ接続するだけの簡単な接続でご利用いただけます。

 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

■USB3.1 Gen.1とUASPで高速転送を実現

 USB3.1 Gen.1(USB 3.0)に対応しており、ドライブを接続した際にも快適なデータのやり取りを行えます。また、UASPにも対応しているため、UASP非対応製品と比べ、より高速な通信も可能です。

 ※以下は添付リリースを参照

 記載されている商品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

 

【ロジテック製品に関するお客様問い合わせ窓口】

 ロジテック テクニカルサポート

 TEL:0570-022-022

 FAX:0570-033-034

 ロジテック 無線LAN・ネットワーク専用テクニカルサポート

 TEL:0570-050-060

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466167_01.jpg

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466167_02.jpg

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466167_03.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466167_04.pdf

注目コンテンツ