Miroku Webcash Internationalのアカウントアグリゲーションサービス

『Account Tracker(アカウント トラッカー)』が自動貯金サービス『finbee(フィンビ−)』への導入を開始

〜金融情報のハブとなり、さまざまな関連サービスの価値向上を可能に〜

 

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下、「MJS」)の子会社であるMiroku Webcash International株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:市川秀水 以下、MWI)は、これまでMJSグループ内でのみ提供していたアカウントアグリゲーションサービス『Account Tracker(アカウント トラッカー)(AT)』を、グループ外向けとして初めて、株式会社ネストエッグが運営する自動貯金サービス「finbeeフィンビ−」への導入を開始します。

 アカウントアグリゲーションは、異なる金融機関の複数の口座情報を一元管理するサービスおよび技術です。利用者は自身が持つそれぞれの金融機関のWebサービスのID・パスワードをアカウントアグリゲーションサービスのセンターに登録することにより、その後は各金融機関のアカウントページにログインすることなく、複数の金融アカウント情報を一目で確認できるようになります。

 ATは、この技術を使用することで、金融情報のハブとしてさまざまな関連サービスの価値向上を可能にします。

 今回の「finbee」へのATの導入は、MWIとして初めてのMJSグループ外との連携になります。「finbee」の機能の一つである“おつり貯金”では、ユーザーがクレジットカードの一度の決済で支出する金額を決済単位として指定し、実際に購入した金額との差額を「finbee」で連携した銀行内の貯金用口座に振替ます。ATは、この仕組みに必要となるクレジットカードの利用明細を自動取得し、「finbee」に提供します。

 ATは、近年増加している家計簿アプリなどのFinTechサービスと組み合わせることにより、個人の家計情報の“見える化”の促進や、自動で取得される支出情報から最適な家計予算の検討、ポイントカードやマイル情報など非金融機関情報にわたる管理を可能とし、スマートな家計運営のアシストを目指しています。また、企業においてはERPソフトとの連携により、入出金管理やリアルタイムでの資金情報の把握、データの自動仕訳等による、経理業務の効率化が図れます。

 MJSグループでは、今後も新たなFinTech分野のサービスを開発・提供し、新規市場の開拓と業容拡大を図ってまいります。

■サービス情報

 URL: http://www.369webcash.com/at.html

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465215_01.pdf