Red Hat、最新版の実運用対応可能なOpenStack Platformで、

ITの柔軟性を改善しLinuxコンテナの複雑さを軽減

 Red Hat OpenStack Platform 12でサービスをコンテナ化し、プラットフォーム全体のセキュリティを改善

 

 [シドニー-OPENSTACK SUMMIT-2017年11月6日(現地時間)発表] オーストラリア報道発表資料抄訳

 オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下 Red Hat)は本日、スケーラブルでアジャイルなクラウドInfrastructure-as-a-Service(IaaS)の最新版である、Red HatOpenStack Platform 12を発表しました。OpenStack「Pike」のリリースをベースとするRed Hat OpenStack Platform 12では、サービスをコンテナ化し柔軟性を改善すると同時に、複雑さを解消してアプリケーション開発の高速化を図っています。Red Hat OpenStack Platform 12は、DCI(Distributed Continuous Integration)をアップグレード、データのコンプライアンス維持やリスク管理に役立つセキュリティ改善など、新たな拡張機能を数多く実現しています。

 BBVA、ケンブリッジ大学、FICO、Massachusetts Open Cloud、Turkcell、IAG、オークリッジ国立研究所(ORNL)、Paddy Power Betfair、Produban、UKCloud、Verizonなどの何百ものお客様が、Red Hat OpenStack Platformを使って様々なミッションクリティカルデプロイメントのためのハイブリッド/プライベートクラウドを実現しています。さらに、Red Hat OpenStack Platformは、エンタープライズビジネス分野では、Cisco、Dell EMC、Intel、Lenovo、Rackspace、NetApp、およびEricsson、Nokia、NEC、Huawei、Cisco、その他の通信産業の企業などの、強固なエコシステムパートナーに支えられています。

 Red Hat OpenStack Platform 12は、プライベートクラウドまたはパブリッククラウドのインフラ向けに設計されており、エンタープライズクラスのバックボーンRed Hat Enterprise Linuxを基盤に構築されています。Red Hat OpenStack Platform 12は、OpenStackのテストおよび認証済みでフルサポート対象のバージョンであり、可用性、性能、ITセキュリティといった要件を損なうことなく、拡張性と顧客の要求に迅速に対応できる俊敏性を備えています。Red Hat OpenStack Platformでは、Red Hatのマルチクラウド管理プラットフォームであるRed Hat CloudFormsも利用でき、Red Hat OpenStack Platformインフラや作業負荷全体の運用の可視化と、ポリシーに基づく管理を可能にします。またRed Hat OpenStack Platform 12は、スケールアウトクラウド向けの、高度にスケーラブルなブロック、オブジェクト、ファイルストレージソリューション、Red Hat Ceph Storageとの緊密なインテグレーションを維持しています。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 Red Hat、Shadowmanロゴ、Red Hat Enterprise Linux,は、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux(R)は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。Linux(R)は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国およびその他の国々におけるOpenStack Foundationの登録済みの商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465210_01.pdf