第14世代の「Dell EMC PowerEdge」サーバーに対応した、企業向けシステムバックアップ・ソフトウェアを提供開始

〜R640のシステムバックアップとリストアを実証し、仮想化環境のシステムバックアップを支援〜

 

 サイバートラスト株式会社株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:阿多 親市 以下、サイバートラスト)は、企業向けシステムバックアップ・ソフトウェアの最新版「MIRACLE System Savior(ミラクル・システムセイバー)Version 3 Release 3(以下 MSS V3R3)」を、2017年12月5日より提供開始します。また、Dell EMCが提供する第14世代のPowerEdgeサーバー「Dell EMC PowerEdge R640」について、MSS V3R3でのバックアップ・リストア検証を完了し、対応機種を拡大したことを発表します。

 「MSS」は、複雑化する企業ITシステムのバックアップにおいて必要となる機能を実装したオフラインのシステムバックアップ・ソフトです。金融をはじめ、製造、流通、通信、医療などさまざまな業種で採用されており、システムバックアップ専用製品として、他社のデータバックアップ製品などと組みあわせて導入されるケースが増えています。昨今では、データセンターへの移行直前にバックアップを行うニーズが増えているほか、ランサムウェア対策としての導入が進んでいます。「MSS」を活用すると、中小企業から大企業まで、サーバー規模が大きい企業においてもシンプルかつ確実にシステムをバックアップすることができます。

 Dell EMC PowerEdgeは、世界シェアNo.1の信頼と実績(※)を誇る最新サーバーです。多様なワークロードに対応し、インテリジェントなオートメーションと統合されたセキュリティ機能により、ビジネス変革を推進します。Intel(R) Xeon(R) スケーラブル プロセッサーを搭載し、従来のアプリケーションとクラウド ネイティブの新たなアプリケーションの両方に対応し、拡張性に富み、自動化された、安全なコンピューティング プラットフォームを提供します。

 このたび、最新版の「MSS V3R3」が仮想化に最適な「Dell EMC PowerEdge R640」に新たに対応することにより、仮想環境におけるお客様の選択肢が大きく広がりました。

 サイバートラストは、最新のテクノロジーを活用した複雑なシステム環境を確実にバックアップ、リカバリするニーズに応えて、今後もエンタープライズシステムで求められる最新のハードウェアや仮想環境などへの迅速な対応を進めてまいります。

 ※出典:Dell EMCの発表による。

  https://japan.emc.com/about/news/press/japan/2017/20170713-1.htm

■MSS V3R3の新たな対応環境

 <サーバー>

 Dell PowerEdge R640

■価格

 MIRACLE System Savior V3R3  78,000円〜(税抜)

■試用版のダウンロード

 MSS V3R3の試用版は以下のサイトからダウンロードしてご利用いただけます。

  https://www.miraclelinux.com/product-service/mss/download

■MIRACLE System Saviorについて

 サイバートラストが提供するシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior」は、サーバーベンダーとの連携を強みとして、企業向けシステムバックアップの要件に基づいて開発されました。最新のサーバーやマルチOS、仮想化ソフトウェア、およびクラスタソフトウェアへの対応、24時間サポート、7年間長期サポートを提供しています。2010年3月の発売以来、災害対策への意識の高まりにより導入拡大が進み、累計で3,000ライセンス以上の導入を誇ります。TOPIX Core30に選ばれた企業の約47%で採用されているほか(2015年10月現在)、製造、流通、通信、医療などさまざまな業種で利用されています。

 製品紹介ページ:

  https://www.miraclelinux.com/product-service/mss

■サイバートラスト株式会社について

 2017年10月、旧サイバートラストとミラクル・リナックスが合併し、新生・サイバートラスト株式会社が誕生しました。新生・サイバートラストでは、旧サイバートラストの認証事業とミラクル・リナックスの組込みLinux事業の組み合わせで、IoTをはじめとする先端分野における新たな価値を生み出す先駆者として、専門性・中立性の高い技術・サービスを提供いたします。

 ※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。