プレミとNTT空間情報、防災・社会情報流通事業で協業

防災・社会情報配信プラットフォームと電子地図コンテンツの連携を実現

 

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 プレミ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:前田貴志、以下「プレミ」)とNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:猪瀬 崇、以下「NTT空間情報」)は、防災・社会情報流通事業における電子地図コンテンツ提供で協業をしていくことに合意しました。

 今回の協業により、プレミは、Lアラートから受信した情報ならびに(一財)日本気象協会から受信した気象予報に、NTT空間情報の電子地図コンテンツを連携させることで、地方自治体単位・媒体単位で様々なアプリケーションへリアルタイムに情報提供可能なサービスをおこないます。また、プレミは、親会社であるココロプラン株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:前田貴志、以下「ココロプラン」)が開発した集約情報提供システムを用いて、高度な情報分析に基づき関連情報を対象地域に分散提供することで、情報受信者がより俯瞰的に、複数の情報を同時に認識可能にすることを支援します。

 今後、プレミは、防災・社会情報流通事業分野における取り組みを拡充し、国内における情報流通空間の構築に貢献していきます。

■「背景」

 昨今、情報受信者が情報を受け取る内容は、単体情報が多く、複数の関連情報を様々な場所で、リアルタイムに情報取得可能な空間サービスの重要性が高まっています。

■「特徴」

 対象地域ごとに、複数の関連情報と地図情報をリアルタイム提供することを実現

 例えば、地方自治体のホームページや、駅・空港といったパブリックスペースに設置してあるデジタルサイネージなど、個別の場所に対して有効な情報について、位置情報と地図情報を加えて提供することが可能です。また、これらの情報はリアルタイムに更新されるため、全国の平常時・注意喚起時・緊急時・災害時・災害後・復興時における多様な情報を、地域間で時間軸共有をおこなうことができます。

■「協業の意義と進め方について」

 プレミの親会社であるココロプランは、2014年からLアラートを活用した情報流通事業のシステム(集約情報提供システム:特願2014-212128号)の構築を進めておりました。この度、研究開発部門とサービス部門を分離して円滑なサービスをおこなうために、プレミを設立するに至りました。

 プレミは、現在、親会社であるココロプランが保有するLアラートの一般情報伝達者、一般協力事業者と同様の資格取得をおこない、2018年初旬にはサービス部門の移転を完了する予定です。

 併せてプレミは、NTT空間情報が提供する高精度な地図情報「GEOSPACE電子地図」にLアラート、気象予報を連携する自治体ホームページ向けウィジェット(Lアラート・気象予報表示システム)の開発に着手しております。このシステムは、2018年2月中にプレミのホームページで東京都版・鹿児島市版の実物を確認いただける環境となります。

 今後、商用サービスの開始目処としては、地方自治体ホームページ用システムを2018年6月から開始する見込みです。

以上

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464981_01.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464981_03.pdf