NTTデータが、Pivotalジャパンとビジネスパートナー契約を締結

〜多分野のお客さまにおける新サービス創出のさらなる高速化を支援〜

 

 株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、Pivotalジャパン株式会社(所在地:東京都港区、カントリー・マネージャ:正井 拓己、以下:Pivotal)と、2017年11月16日、ビジネスパートナー契約を締結しました。

 今回のパートナー契約による協業では、Pivotalの育成プログラムPlatform Acceleration Lab等を用いて、NTTデータグループにおいて1,000人規模のクラウドネイティブ技術者(注1)を育成します。またNTTデータにおいて、Pivotalの提供する「Pivotal Cloud Foundry」を活用したNTTデータのクラウド提供型オープンサービス開発プラットフォーム「Altemista Cloud」(注2)の外販を強化していきます。これらにより、開発・運用における管理作業の削減を実現し、企業の新サービス創出のさらなる高速化・継続的な改善を支援します。

 今後、NTTデータはPivotalとの協業を通じて、多分野のお客さまにおける新サービス創出のさらなる高速化を目指します。

■背景

 製造業におけるIoTや金融サービス業におけるFinTechなど、情報技術のより高度な活用によるイノベーションや新規ビジネスを創出する機運が日本国内でも高まりをみせています。こうした中、多くの企業において、競合他社との差異化を図り、自社ビジネスを成長させるには、市場や顧客のニーズに合致したサービスをより早く、市場にリリースすることが求められます。しかし、これまではアイデア創出から市場へのリリースまでのリードタイムが課題となっていました。

 そのような状況においてPivotalは、アプリケーションの開発と運用を効率化し、リードタイムの短縮を可能とするアプリケーションプラットフォーム「Pivotal Cloud Foundry」の提供を通じ、世界的な企業におけるクラウドネイティブ開発の支援を行ってきました。また、NTTデータにおいては、変化に柔軟なサービス開発手法として、アジャイル開発のためのプロセスと「Pivotal Cloud Foundry」を活用したアジャイル開発基盤「Altemista Cloud」を構築、運用してきました。

 このたびNTTデータはPivotalと、新サービス開発・運用作業の課題を解決し、多分野のお客さまにおけるスタートアップ企業のようなスピードでの事業推進を支援するため、ビジネスパートナー契約を締結することとなりました。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・「Altemista」および「BeSTA FinTech Lab」は、日本国内におけるNTTデータの登録商標です。

 ・「Pivotal」、「Pivotal Cloud Foundry」は、Pivotal Software, Inc.の登録商標または商標です。これらの商標は、米国または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463538_01.pdf