ブロードバンドタワー、クラウド環境向けセキュリティサービス群を

パッケージで提供

〜『BBTowerセキュリティパック』で多層防御を手軽に導入可能に〜

 

 株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」又は「当社」 コード番号:3776 ジャスダック)は、クラウド環境の多層防御向けに、厳選したセキュリティサービス群を『BBTowerセキュリティパック』と呼称し、パッケージサービスとして月額課金モデルにて、本日より提供を開始いたします。

 日々増加し続けるサイバー攻撃の「多層防御」を手軽にかつ安価にご導入いただけるセキュリティサービスです。

 ※『BBTowerセキュリティパック』は、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」(株式会社サイバーセキュリティクラウド)、「F-Secure アンチウイルス」(エフセキュア株式会社)、LinuxOSパッチ適用支援サービス「Qloc(クロック)」(クワンティ株式会社)の3サービスをパッケージとして安価に提供するものです。

■市場・企画背景

 クラウド化の進展に伴い、WEBサーバに代表されるサーバ/仮想マシン単位で提供されるクラウドサービスにおいて、セキュリティの強化がこれまで以上に求められる状況となっております。

 日々増加し続けるサイバー攻撃にさらされるインターネット上のサーバにとって、ファイアウォールによる防御、IPS/WAFによる防御、ウイルス検疫、OSの脆弱性へのパッチの日常的な適用など、複数の防御層による「多層防御」は、既に必須の対策となりつつあります。

 ブロードバンドタワーでは、2014年2月から独自の評価・検証に基づきクラウドサービスにて利用可能なセキュリティサービス群を『BBTowerクラウドセキュリティサービス』と呼称しサービスとして提供しておりますが、このたび上記3社の各ご協力のもと、中核となる3サービスをパッケージ化し、コストを抑えながらも充実した多層防御をご導入いただけるよう企画いたしました。

 ※『BBTowerセキュリティパック』は、ブロードバンドタワーのクラウドサービスである「c9(シーナイン)」はもとより、コロケーション(データセンター)サービスの利用者やパートナー様、並びに各種クラウドをご利用のお客様にも、ご利用いただけます。

 (用語)

 ・IPS (Intrusion Prevention System): 侵入防御システム、ネットワークを流れる不審なパケットを検疫

 ・WAF(Web Application Firewall): Webアプリケーションの脆弱性を防御

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※記載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標であります。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463327_01.pdf